インストラクターを目指す方が集まる沖縄ダイビング

沖縄にはダイビングを初めて行う人が多く訪れますが、中にはインストラクターの資格を取ることを目指してやって来る人もいます。既にダイビングのライセンスを持っているけれども、もっと多くの人にダイビングの素晴らしさを知ってもらいと思う人やもっと深い知識を身につけたいという人が沖縄ダイビングにやってきます。インストラクターの資格を取るには、ダイバーが病気になった時や怪我をした時などの救助法や対処法を知っておく必要があります。

shutterstock_302977937

インストラクターになるには心肺蘇生や怪我の手当などの技術を学ぶことになります。ダイビングでなくても使える知識が多く、とても人の役に立つ仕事と言えるでしょう。

人の命を預かる仕事とも言えるので責任はありますが、その分やりがいがあります。インストラクターになるためのコースを沖縄のスクールで受講することができますが、学科は前もって教材で自宅学習して済ませておくことで、その分安く受講することも可能です。またインストラクターの良さは何と言っても、自分の好きなダイビングを仕事にできることにあると言ってよいでしょう。インストラクターになれば人の役に立つばかりでなく、人に教えることで自分のダイビングスキルも上達します。ダイビングの世界を人に広めるという使命感を持って行えば、いづれは最高のインストラクターになれるでしょう。

PR 沖縄ダイビング